見出し画像

Salesforceのリードが入ったきたら、Slack上でステータスを更新するSlackBotをノーコードで作る💪

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。

7月21日の日経産業新聞の一面に掲載されるほど注目を集める「ノーコード」👇

Anyflowもノーコードで業務の自動化を実現できるプロダクトですが、今回はSlackBotをかんたんに作れるアップデートがされました🔥

Salesforceのリードが入ったきたら、Slack上でSalesforceのステータスを更新

リードが入ってきてから5分以内に架電をする場合と、10分以内に架電した場合では5分以内に架電したほうが4倍も見込み顧客につながりやすい、という調査があります。

そんなリアルタイム性が重要視されるインサイドセールスですが、日々Slackを使っている会社も多いのではないでしょうか。

Slackでマネージャーやメンバーとコミュニケーションしつつ、リードが入ってきたらSalesforceにリード情報を更新するためにブラウザを開いて、ページ遷移して更新する、、というのは1日のうち何度もやっていると意外にもストレスを感じるものです。

Anyflowでは、Salesforceにリードが入ってきたらSlackに通知をすることはもちろん、Slack上からSalesforceのリード情報を簡易的に更新することが可能です。

スクリーンショット 2020-07-22 0.56.03

Slack上に表示されるボタンを押すと、Salesforceに遷移せず、リード情報を更新することができます。

スクリーンショット 2020-07-22 0.56.53

従来まで、JSONを書かないと実現できなかった上記の体験ですが、今回のアップデートにより、よりかんたんにノーコードでSlackBotを作れるようになりました。

スクリーンショット 2020-07-22 0.57.44

Slackのボタンを作っている例

ノーコードで業務効率を上げ、Slackに業務を集中させたい..! という方にはぴったりです😎

スクリーンショット 2020-05-19 17.45.44

--

以下はカイゼンアップデートです!

テスト実行の対応

現在アップデートを重ね、以下のアクションも対応しています。

- 会計フリー
- クラウドサイン
- Gmail
- KING OF TIME

バグ修正

- Salesforceの一部のアクションで正しくレコードが更新されていなかったバグを修正しました。
- 一部のワークフローにて、入力画面が遅くなっていたものを改善し、パフォーマンスを向上させました。

--

まとめ

Anyflowはノーコードで、業務の効率化を実現できるプラットフォームです。

エンジニアリソースをかけられないが、更に生産性を上げてトップラインを伸ばしたい、といった課題をお持ちであれば、お気軽に問い合わせください。

無料のトライアルも実施しております。

スクリーンショット 2020-05-19 17.45.44


TwitterでiPaaSやSaaSについて情報発信してます!

いいな!と思ったらシェアもしてください😂
6
ビジネスの成長は、自動化から生まれる。 AnyflowはSaaS間を連携させ、業務の自動化を実現するプラットフォームです。 https://anyflow.jp

こちらでもピックアップされています

Anyflow | プロダクトアップデート
Anyflow | プロダクトアップデート
  • 20本

Anyflowのプロダクトアップデートをお知らせします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。