見出し画像

Anyflowを使えば、SlackからKING OF TIMEに打刻ができるようになります⏰

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。
今週もAnyflowの新機能やカイゼンをお届けします!

画像7

KING OF TIME とは

スクリーンショット 2020-06-08 14.47.35

KING OF TIMEは、勤怠管理システム市場で、シェアNo1のSaaSです。

KING OF TIMEはお手持ちのPCとインターネット(VPN不要)だけで、簡単で高度な勤怠管理を行う
クラウド型の勤怠管理システムです。打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので
「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能となります。

Anyflow を使って KING OF TIME と Slack を連携する

今回、Anyflowで KING OF TIME が使えるようになりました🎉

使えるようになったアクションは以下です。

- 打刻をする
- 従業員情報を検索する

このアクションを使って、Slack から KING OF TIME に勤怠打刻をするデモがこちらになります!

SlackからAnyflowを呼び出し、打刻メッセージを表示させて

スクリーンショット 2020-06-08 15.45.56

Slackからボタンを押せば、打刻完了です。

スクリーンショット 2020-06-08 15.46.53

こちらの動画のように、「KING OF TIMEを使っているがSlackから打刻したい。。」と考えている方はぜひお問い合わせください。打刻のストレスがなくなりますよ💁

スクリーンショット 2020-05-19 17.45.44

--

以下はカイゼンアップデートです!

HTTPリクエストの送信が可能になりました

先日の記事では、HTTPのトリガー(ワークフローを実行するきっかけ)の機能を使って Zapier との連携を実現するといった内容でした。

今回のリリースでは、HTTPリクエストを「受ける側」ではなく、送信することが可能になったため、Anyflow から Zapier の Zap を起動する、Integromat を起動する、といった事が可能になります!

スケジュールトリガーの設定が簡単になりました

Anyflowでは、決まった時間にワークフローを実行するスケジュールトリガーが備わっております。

従来まで、cron 形式の表記が必要でしたが、以下のようにアップデートされ、直感的に入力が可能になりました。

スクリーンショット 2020-06-08 15.05.20

まとめ

今週のアップデートは以上です。

リモートワークになり、 KING OF TIME と Slack をシームレスに連携したいという方は多いのではないでしょうか? 連携させ、日々の打刻ストレスから開放されましょう💁

スクリーンショット 2020-05-19 17.45.44

この記事が参加している募集

スキしてみて

いいな!と思ったらシェアもしてください😂
9
ビジネスの成長は、自動化から生まれる。 AnyflowはSaaS間を連携させ、業務の自動化を実現するプラットフォームです。 https://anyflow.jp

こちらでもピックアップされています

Anyflow | プロダクトアップデート
Anyflow | プロダクトアップデート
  • 12本

Anyflowのプロダクトアップデートをお知らせします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。