見出し画像

スプレッドシートを使わず、SaaS間のデータの紐付けをかんたんに実現できるようになりました!🙆‍♂️

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。
今週もAnyflowの新機能やカイゼンをお届けします!

ルックアップテーブルのリリースで、複雑なワークフローでもスプレッドシートが不要に

本日、Anyflowでルックアップテーブルという機能をリリースしました🎉
若干上級者向けの機能ですが、使いこなすとすごく便利になる機能です。

スクリーンショット 2020-07-14 22.43.52

使うとなにが便利になる?

iPaaSは各SaaS間のデータを統合する製品ですが、例えば、「クラウドサインで電子締結が完了したら、Salesforceの商談フェーズを変更する」といった業務を自動化するとします。

この場合、「クラウドサインの書類が締結された」トリガーが発火し、Salesforceの商談フェーズを変更しにいくのですが、この時クラウドサインの書類データにはSalesforceの商談のIDの情報がはいっていません。

そのため、Anyflowからみると「どのSalesforceの商談を更新すればいいのか・・」というのがわかりません。

従来まで、スプレッドシートをかませてIDを参照したり、はたまた各SaaSのメタデータ等に情報を埋め込むといった解決をしていました。
しかし、この方法は、スプレッドシートをきまったフォーマットで用意しないといけない、各SaaSに設定が必要、と課題が多かったのです..。

そこで、今回ルックアップテーブルという、データを参照できるテーブルをAnyflowの中に創りました。

スクリーンショット 2020-07-14 22.43.52

この画像では、Salesforceの商談IDとクラウドサインの書類IDを紐付けています。

スクリーンショット 2020-07-14 22.51.47

また、KingOfTimeのユーザーとSlackのユーザーを紐付けて、Slackからの打刻を実現したりなど、従来までスプレッドシートが必要だったものがなくなり、さらにかんたんにワークフローを組むことができるようになりました✌️

スクリーンショット 2020-07-14 22.55.44

ワークフローの中からルックアップテーブルを操作できるので、Anyflowの中から、シンプルなデータベースを使うことができます。便利ですね😎

スクリーンショット 2020-05-19 17.45.44

--

以下はカイゼンアップデートです!

Salesforceのデータ更新がもっとかんたんに

画像6

従来まで、Salesforceの商談フェーズを変えるために JSON を書かないといけないと、不便な状況でした。

アップデートにより、選択するだけで商談フェーズを変えたり、他のフィールドの更新がかんたんになりました。

テスト実行の追加

こちらにて「テスト実行」のリリースを発表しました。

現在アップデートを重ね、以下のアクションも対応しています。

- Googleスプレッドシート
- Salesforce
- Slack
- kintone

-- 

まとめ

今週は以上です。
Anyflowでは、日々改善を行っています。

来週のアップデートもお楽しみに🤙

スクリーンショット 2020-05-19 17.45.44


TwitterでiPaaSやSaaSについて情報発信してます!

いいな!と思ったらシェアもしてください😂
4
ビジネスの成長は、自動化から生まれる。 AnyflowはSaaS間を連携させ、業務の自動化を実現するプラットフォームです。 https://anyflow.jp

こちらでもピックアップされています

Anyflow | プロダクトアップデート
Anyflow | プロダクトアップデート
  • 21本

Anyflowのプロダクトアップデートをお知らせします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。